Categories
Alpha Lens Tip

Sony α700 – DIY focusing screen replacement

Sony α700はα初期の名機ですが、ライブビュー拡大やフォーカスエイド等、MFレンズのピント合わせを楽に行える手段がありません。個人的には、昔の一眼レフにあったマイクロプリズム/180°スプリットスクリーンが好きなので、この機会に自分でフォーカシングスクリーンを入れ替えました。埃の侵入にさえ気をつければ比較的簡単な作業なので、興味ある方は是非お試し下さいませ。

フォーカシングスクリーンは、eBayで20ドル程度で入手しました。”sony 700 focusing screen”で検索すると、たくさん出てきます。注文して約2週間で到着。

IMG_0278

下から内部を見上げたところ。フォーカシングスクリーンは、金属バネ一枚でとめられています。

IMG_0280

交換したいスクリーンの他にも、フォーカスマーカーなどが重なってます。一番手前のスクリーンだけ交換したいので、逆さまにして作業を進めます。

IMG_0282

金属バネと標準のフォーカシングスクリーンを外したところ。スクリーンに傷がつかないよう、プラスティックのピンセットを使います。こちらはフォーカシングスクリーンキットについてきました。良心的。

IMG_0283

スプリットスクリーンを、表裏に注意しつつ元のスクリーンの位置にはめ込みます。店主が購入したスクリーンには、位置合わせの突起がついていませんでした(残念!)ので、位置合わせを慎重に行います。

IMG_0284

あとは金属バネを、指紋や埃や傷をつけないよう、もとの位置にはめ込めばOK。

IMG_0285

スプリットスクリーン特有の◎模様がスクリーンに見えますね。MFレンズのフォーカスはこれで劇的にシャープになりました。簡単安価で効果絶大、オススメの改造です。

 

Categories
Alpha C/Y Contax Lens Vario-Sonnar

Vario-Sonnar T* 4/80-200 – Sign Of Spring: Plum & Cherry

本日は、Aマウントに換装したCONTAX Vario-Sonnar 4/80-200を持って、熱海梅園から糸川沿いの熱海桜まで撮影散歩に出かけて参りました。以下、ハイライトです。

DSC00849

碍子 CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00868

リードにつながれた猫 CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00870

狸の置物 CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00882

蠟梅(カラウメ) CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00873

冬至梅 CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00890

唐梅 CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00901ヒヨドリ CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00896

小梅系 CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00906

青軸系 CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00922

メジロ CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00930

甘夏? CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00947

熱海桜 CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

DSC00951

熱海桜 CONTAX Vario-Sonnar T* 4/80-200 + SLT-A37

撮影は全て手持ち、ほとんど全て望遠端(換算300mm)で収めた写真ですが、それなりにシャープに撮れたかな、と思います。フォーカス合わせが大変ですが、それこそオールドレンズ使いの醍醐味(笑)

春の息吹が存分に感じられる、良い撮影散歩になりました。

 

 

 

 

 

Categories
Alpha C/Y Contax Lens Mount Sonnar

Sonnar T* 2,8/85 MMG – Leitax Alpha bayonet

濃ゆい描写で評判のC/Y CONTAX Sonnar 2.8/85。店主の手元にMMGの上玉が入ってきたので、Leitaxのreplacement bayonetにてαマウントに換装してみました。

写真 2013-02-01 09.38.12 午後

マウント面外側のネジ4本を外して、絞りリングごとマウントを引き抜きます。

写真 2013-02-01 09.38.18 午後

写真 2013-02-01 09.38.29 午後

上の写真、中央が取り外したマウント+絞りリング、左上がLeitaxのαマウントです。

次に絞りリングとマウントを分離させます。今回はマウント爪のネジ達3+2本も外す必要がありました。

写真 2013-02-01 09.38.34 午後

絞りリングには小さなスプリングが埋め込まれています。この上に乗った金属玉が絞りのクリックストップを実現する仕組み。スプリングと金属玉はなくしやすいので、気をつけて作業して下さい。

写真 2013-02-01 09.38.38 午後

写真 2013-02-01 09.38.43 午後

上の写真に見えるのが金属玉とクリックストップの穴があいた金属板。どちらも流用します。金属板についているスプリング、ボンド(下の写真の赤い部分)を先の尖った物で慎重に削って、スプリングを金属板から外します。

写真 2013-02-01 09.38.47 午後

写真 2013-02-01 09.38.51 午後

端絞りリングをレンズに戻し、スプリングの上に金属玉を置き、金属板をかぶせます。金属玉がずれたり落ちたりしがちなので、ここも注意深く作業。

写真 2013-02-01 09.38.55 午後

あとはLeitaxのbayonetをネジ4本で取り付け、絞りがクリック感を伴って正常に動作すれば完成です。絞りが動かない・クリック感がない時は、金属玉がずれているか絞りリングが正しい位置にはまっていない(ガイド棒がレンズ側の受けにはまっていない)ことが考えられます。無理して動かさず、もう一度分解して組み直すこと。

写真 2013-02-01 09.39.00 午後

写真 2013-02-01 09.39.04 午後

Sonnar 2.8/85 はかなりコンパクトなレンズです。ボディが小ぶりなα37と組み合わせても、標準レンズと見紛うサイズ感ですね。

写真 2013-02-01 10.31

 

 

 

Categories
Alpha C/Y Contax Lens Planar

Planar T* 1,4/85 – Bird Shooting

先日Planar 1.4/85を持って出かけたところ、フレンドリーな鳩達に遭遇致しました。時間をかけてじりじり近づきながら納めた写真達です、Planarらしい優しい描写をご堪能下さい。

DSC00573

CONTAX Planar T* 1,4/85 MMJ + SONY SLT-A37

DSC00574

CONTAX Planar T* 1,4/85 MMJ + SONY SLT-A37

DSC00575

CONTAX Planar T* 1,4/85 MMJ + SONY SLT-A37

DSC00577

CONTAX Planar T* 1,4/85 MMJ + SONY SLT-A37

DSC00579

CONTAX Planar T* 1,4/85 MMJ + SONY SLT-A37

この子は足を怪我してました・・・かわいそうに>_<

 

Categories
Alpha Cosina Carl Zeiss Distagon Lens Mount

Distagon T* 2,8/25 ZF – Leitax Alpha bayonet

今回はLeitaxのreplacement bayonet を使い、コシナ製Carl Zeiss レンズをソニーαに取り付ける手順をご紹介します。

改造手順は以下の通りです:

SONY DSC

取り付けにはReplacement bayonet 付属のネジを使います。

SONY DSC絞りレバーの逃げとなるbayonetの切り欠きの位置に注意して下さい。

SONY DSC

オリジナルのネジ3本を外して、ZFマウントを取り外します。

SONY DSC

これがオリジナルのネジ長。

SONY DSC

Leitax bayonet付属のネジは、少し長くなっています。

SONY DSC

オリジナルのマウントを外したところ。

SONY DSC

Leitax replacement bayonet をネジ止めします。

SONY DSC

完成。

SONY DSC

αに装着。見栄えも悪くないです。レンズ先端のハードクローム処理が、いい味出していますね。

Categories
Alpha C/Y Contax Lens Mount Vario-Sonnar

Vario-Sonnar T* 4/80-200 – Leitax Alpha bayonet on VS 4/80-200 MM

Sony/MinoltaアルファマウントにContax Carl Zeissレンズを装着するのは、NEXより手間がかかります。理由はフランジバックの違いで、

NEX – 18mm

Alpha – 44.5mm

Contax Yashica – 45.5mm

NEXは圧倒的なフランジバックの短さ故、長さ27.5mmのC/Y-NEXアダプタを装着すれば事足りますが、アルファの場合は差分1mmなので、同じ方法は使えません:補正レンズをつければ可能ですが、画質が落ちてしまいます。

店主が見つけたのは、leitax.comのContax用アルファマウント。Replacement Bayonet とleitaxでは呼んでいます。長大な鏡筒故NEXとの組み合わせが苦しいVario-Sonnar 4/80-200 MMに、leitaxのReplacement Bayonetを実際に取り付けてみました。

注意:BayonetはMMレンズ向けに設計されていて、AEレンズには対応しません。また、全てのMMレンズに対応できている訳でもありません。レンズ対応リストはこちらをご確認下さい。

取り付け手順は、このリンク先の通りです。

Exif_JPEG_PICTURE

写真にある、湾曲した絞りレバーが干渉するので、手順に従って外します。

Exif_JPEG_PICTURE

Bayonetの内側は奇麗に艶消し塗装されていて、高品質です。注意:このレンズとの組み合わせでは、マウントねじをきつく締めると絞りレバーが動かなくなりました。ネジ緩み止め剤を塗布した上で、絞りレバーの動作を阻害しない程度にネジを緩めなければなりません。

テスト撮影結果です。

DSC00436

SLT-A37 + Contax Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 4/80-200

MFアシスト、ピーキングレベルとも問題なく動作します。

Categories
Alpha Camera Body Lens NEX Tip

Tip – MFアシスト、ピーキングレベルを活用

オールドレンズ使いで店主がSonyのカメラボディを愛用する理由は、MFアシストとピーキングレベルにあります。

ピーキングレベルは、フォーカスが合ったとカメラが判断した箇所をハイライトしてくれる機能で、NEX(いくつかの機種は要最新ファームウェア)と、アルファの2012年12月現在の現行モデルがサポートしています。(対応状況は、http://www.sony.jp/ichigan/lineup/compare/# をご参照下さい)

設定はメニューから(例:NEX-5 ファームウェア Ver.05)

DSC00535

ピーキングレベルなし(デフォルト)

DSC00536

ピーキング色「黄色」、レベル「中」に設定後

DSC00533

ピーキングレベルは便利な反面、微妙なフォーカスが合わないケースがあり。そんな時は、MFアシスト機能を利用してベタピンまで追い込みます。

DSC00534

絞り解放ではペラペラに薄い被写界深度でピント合わせが極端に難しいが、ベタピン時は凄まじい描写で世の写真家達を虜にした Planar 1.4/85 なども、これらを使えばなんとか扱えるようになる。。。かも、しれません(いやーこの子は自分にも手強くて^^;)

Categories
Alpha Camera Body Lens NEX Tip

Tip – 「レンズなしレリーズを許可」の設定について

オールドレンズとマウントアダプター(もしくはバヨネット改造)を手に入れたら、「レンズなしレリーズを許可」する設定が必須です。

Sony α NEX : メニュー > セットアップ > レンスなし時のレリーズ > 許可

*動作確認機種 NEX-5, NEX-5N, NEX-5R, NEX-F3, NEX-6

Exif_JPEG_PICTURE

Sony α:MENU > (設定メニュー:A37では歯車アイコンの一番) > レンズなし時のレリーズ > 許可

*動作確認機種 SLT-A37

Exif_JPEG_PICTURE

最近のSony系レンズ交換式デジカメでは、この設定をしないとシャッターが切れないようです(店主の友人達、約75%が引っかかりました^^;)。他社/他機種でも、同様の設定が必要な場合があります。詳しくは、お手持ちカメラの説明書等を参考にされてください。