Categories
C/Y Contax Distagon Lens NEX

Distagon T* 2,8/28 – Black Cat

友人から、黒猫が上手に撮れないのだけど・・・という相談を受けましたので、手持ちの機材で実験してみました。レンズはCONTAX Carl Zeiss Distagon 2,8/28。25cmまで寄れる優等生です。

黒猫の艶を表現するため、露出補正を使って実験してみます。NEXでは液晶右側コントロールホイールの下側、+/ーと記されているところです。

DSC00648

SONY DSC

NEX-5 + CONTAX Carl Zeiss Distagon T* 2,8/28, F8 露出補正なし

SONY DSC

NEX-5 + CONTAX Carl Zeiss Distagon T* 2,8/28, F8 露出補正 +1.0

SONY DSC

NEX-5 + CONTAX Carl Zeiss Distagon T* 2,8/28, F8 露出補正 +2.0

+2.0はやり過ぎましたね^^; 皆様の機材で色々試してみて、一番艶やかに映る設定を探してみて下さい。ちなみにこの例では、露出補正をかけない写真が個人的には一番好きです。暗い所の階調まで豊かに表現できているのは、流石Distagon。

クローズアップ好きな店主は、出来るだけ近づいて撮影したりもします。

SONY DSC

NEX-5 + CONTAX Carl Zeiss Distagon T* 2,8/28, F8  露出補正なし

猫毛の質感がうまく伝わると良いかな、と思います。しかし・・・黒猫はホコリが目立ちますね(苦笑)

おまけ:

SONY DSC

NEX-5 + CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 3,5/100 露出補正 +0.3

 

Categories
C/Y Contax Lens NEX Sonnar

Sonnar T* 3,5/100 – Old Objects

色乗りの濃さとSonnarらしい解像度の高さで密かな人気(?)のSonnar T* 3,5/100。この銘玉の特徴が良く出ている写真をいくつかご紹介します。APS-Cサイズセンサー搭載機と組み合わせると150mm相当の望遠レンズ、風景切り取りに絶大な威力を発揮。これでもう少し明るければ完璧なのですが・・・

DSC00462

CONTAX Sonnar T* 3,5/100 AEJ + SONY NEX-5

SONY DSC

CONTAX Sonnar T* 3,5/100 + SONY NEX-5

SONY DSC

CONTAX Sonnar T* 3,5/100 + SONY NEX-5

後の2枚は近所の小学校にて撮影。何気ない風景を切り取っただけなのですが、はっとさせられます。

Categories
Cosina Carl Zeiss Distagon Lens NEX

Distagon T* 2,8/25 ZF – New Year

明けましておめでとうございます。本年も皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

今回は現在新品で手に入るカールツァイスレンズの一つ、コシナ製 Carl Zeiss Distagon 2,8/25 をご紹介します。この個体は実測で重さ458g。NEXとのマッチングは簡単で、市販のNikon Fマウント-Sony Eマウントアダプターを介して取り付けます。

DSC00572

SLT-A37 + Contax Carl Zeiss Planar T* 1,4/85

このレンズ、最短撮影距離は驚愕の17cm、マクロレンズ並みに寄れます。ヘリコイドと絞りの操作感は非常に良好で、良い素材をふんだんに使った作りの良さを感じます。ヤシコンツァイスレンズとは操作方向が反対なので、ご注意を。(店主は特に不具合を感じませんでしたが)

以下、このレンズによるサンプル画像です。

SONY DSCNEX-5 + Carl Zeiss Distagon T* 2,8/25 ZF

SONY DSC

NEX-5 + Carl Zeiss Distagon T* 2,8/25 ZF

絞り解放で近距離にフォーカスを合わせれば、それなりにボケてくれますね。

SONY DSC

NEX-5 + Carl Zeiss Distagon T* 2,8/25 ZF

SONY DSC

NEX-5 + Carl Zeiss Distagon T* 2,8/25 ZF

SONY DSC

NEX-5 + Carl Zeiss Distagon T* 2,8/25 ZF

ランチ撮影での強力な武器になりそう。。。

Categories
C/Y Contax Lens NEX Planar

Planar T* 1,4/85 – 祭りの風景

Carl Zeiss 使いならば一度は手に入れてみたい、Contax Carl Zeiss Planar 1.4/85をご紹介します。店主の持ち玉は実測で605g。大口径ハイスピードレンズらしく、ガラスと金属の塊といった風情です。NEXと組み合わせると、このようなバランスになります:

DSC00539

余談ですが、C/Y Carl Zeiss レンズはどれも美しい外装で、最新のデジタルカメラと組み合わせても違和感なく収まる、と店主は勝手に思っております。。。モノ好きとしては見栄えも非常に重要。

お祭り見学にPlanar 1.4/85を携えて出かけた時の写真がこちら。あいにく当日は曇天だったので発色に見るべきところはありませんが、場の空気感が伝わると良いかな、と。

SONY DSC

NEX-5 + Contax Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

SONY DSC

NEX-5 + Contax Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

SONY DSC

NEX-5 + Contax Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

SONY DSC

NEX-5 + Contax Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

この銘レンズ、絞り解放でのフォーカシング(特に近距離)は至難の技ですが、それがまた面白さでもあり。Planarのボケ味を存分に堪能して頂ければと思います。

Categories
C/Y Contax Lens NEX Sonnar

Sonnar T* 3,5/100 – のらねこ撮影

店主がおすすめする、昼間のお散歩用Contaxレンズは、

風景中心 − Distagon(画角はお好みで)

バランス重視 − Planar 1,4/50 か 1,7/50

野良猫撮影 − Sonnar 2,8/85 か 3,5/100

動物を撮るときは、ある程度距離を保って撮影できる85mm以上のレンズが良いようです。明るいレンズ/望遠率の高いレンズは重くなるので、昼間の撮影がメインならば、あえて暗めのレンズをセレクトするのも一考の価値あり。

さて、今回のご紹介は Sonnar 3,5/100 です。手持ちの個体は実測284g。APS-Cセンサーを持つNEXと組み合わせると、ほどほどの倍率、かつ機動性に優れた望遠レンズとなります。

以下機材は全て、NEX-5 + Contax Carl Zeiss Sonnar T* 3,5/100

SONY DSC

警戒してますね^^; 被写体(猫)までは3mくらいでしょうか。

SONY DSC

コッテリした色乗りが、このレンズの持ち味です。

SONY DSC

この猫は高い位置にいたので、それほど警戒していない様子。

SONY DSC

逆光だと、盛大にハレます(笑)。店主はこれも味のうちと割り切ってますが、オールドレンズの逆光性能でお悩みの方は、フードをつけてハレ切りすると著しく改善しますので、良かったらお試しを。

Categories
C/Y Contax Lens NEX Planar

Planar T* 1,7/50 – 看板

Palo Altoの街で見かけた看板たち

 

NEX-5 + Contax Carl Zeiss Planar T* 1.7/50  絞り解放

SONY DSC

NEX-5 + Contax Carl Zeiss Planar T* 1.7/50  絞り解放

Categories
C/Y Contax Lens NEX Planar

Planar T* 1,7/50 – カリフォルニアの空と壁

旅行のお供は軽くて扱いやすいレンズということで、Planar 1.7/50 を持ち出す事が多いです。

SONY DSC

NEX-5 + Contax Carl Zeiss Planar T* 1.7/50

店主の愛玉はAEJ(前期モデル)で、重さは実測187gしかありません。

このレンズ、標準レンズの帝王 Planar 1.4/50 の陰に隠れて知名度が低いのですが、実に使いやすい。Planar族の一員らしく、アウトフォーカスに向かって溶けてゆくボケが秀逸です。

SONY DSC

NEX-5 + Contax Carl Zeiss Planar T* 1.7/50

難点は最短撮影距離が0.6mなので小物撮影に向かないのと、作りが少しだけ安っぽいところ、くらいです。ガンガン使えるお散歩レンズとして、もし機会があれば考慮してみて下さいませ。

 

Categories
Alpha Camera Body Lens NEX Tip

Tip – MFアシスト、ピーキングレベルを活用

オールドレンズ使いで店主がSonyのカメラボディを愛用する理由は、MFアシストとピーキングレベルにあります。

ピーキングレベルは、フォーカスが合ったとカメラが判断した箇所をハイライトしてくれる機能で、NEX(いくつかの機種は要最新ファームウェア)と、アルファの2012年12月現在の現行モデルがサポートしています。(対応状況は、http://www.sony.jp/ichigan/lineup/compare/# をご参照下さい)

設定はメニューから(例:NEX-5 ファームウェア Ver.05)

DSC00535

ピーキングレベルなし(デフォルト)

DSC00536

ピーキング色「黄色」、レベル「中」に設定後

DSC00533

ピーキングレベルは便利な反面、微妙なフォーカスが合わないケースがあり。そんな時は、MFアシスト機能を利用してベタピンまで追い込みます。

DSC00534

絞り解放ではペラペラに薄い被写界深度でピント合わせが極端に難しいが、ベタピン時は凄まじい描写で世の写真家達を虜にした Planar 1.4/85 なども、これらを使えばなんとか扱えるようになる。。。かも、しれません(いやーこの子は自分にも手強くて^^;)

Categories
Alpha Camera Body Lens NEX Tip

Tip – 「レンズなしレリーズを許可」の設定について

オールドレンズとマウントアダプター(もしくはバヨネット改造)を手に入れたら、「レンズなしレリーズを許可」する設定が必須です。

Sony α NEX : メニュー > セットアップ > レンスなし時のレリーズ > 許可

*動作確認機種 NEX-5, NEX-5N, NEX-5R, NEX-F3, NEX-6

Exif_JPEG_PICTURE

Sony α:MENU > (設定メニュー:A37では歯車アイコンの一番) > レンズなし時のレリーズ > 許可

*動作確認機種 SLT-A37

Exif_JPEG_PICTURE

最近のSony系レンズ交換式デジカメでは、この設定をしないとシャッターが切れないようです(店主の友人達、約75%が引っかかりました^^;)。他社/他機種でも、同様の設定が必要な場合があります。詳しくは、お手持ちカメラの説明書等を参考にされてください。