Categories
Alpha C/Y Contax Lens Mount Sonnar

Sonnar T* 2,8/85 MMG – Leitax Alpha bayonet

濃ゆい描写で評判のC/Y CONTAX Sonnar 2.8/85。店主の手元にMMGの上玉が入ってきたので、Leitaxのreplacement bayonetにてαマウントに換装してみました。

写真 2013-02-01 09.38.12 午後

マウント面外側のネジ4本を外して、絞りリングごとマウントを引き抜きます。

写真 2013-02-01 09.38.18 午後

写真 2013-02-01 09.38.29 午後

上の写真、中央が取り外したマウント+絞りリング、左上がLeitaxのαマウントです。

次に絞りリングとマウントを分離させます。今回はマウント爪のネジ達3+2本も外す必要がありました。

写真 2013-02-01 09.38.34 午後

絞りリングには小さなスプリングが埋め込まれています。この上に乗った金属玉が絞りのクリックストップを実現する仕組み。スプリングと金属玉はなくしやすいので、気をつけて作業して下さい。

写真 2013-02-01 09.38.38 午後

写真 2013-02-01 09.38.43 午後

上の写真に見えるのが金属玉とクリックストップの穴があいた金属板。どちらも流用します。金属板についているスプリング、ボンド(下の写真の赤い部分)を先の尖った物で慎重に削って、スプリングを金属板から外します。

写真 2013-02-01 09.38.47 午後

写真 2013-02-01 09.38.51 午後

端絞りリングをレンズに戻し、スプリングの上に金属玉を置き、金属板をかぶせます。金属玉がずれたり落ちたりしがちなので、ここも注意深く作業。

写真 2013-02-01 09.38.55 午後

あとはLeitaxのbayonetをネジ4本で取り付け、絞りがクリック感を伴って正常に動作すれば完成です。絞りが動かない・クリック感がない時は、金属玉がずれているか絞りリングが正しい位置にはまっていない(ガイド棒がレンズ側の受けにはまっていない)ことが考えられます。無理して動かさず、もう一度分解して組み直すこと。

写真 2013-02-01 09.39.00 午後

写真 2013-02-01 09.39.04 午後

Sonnar 2.8/85 はかなりコンパクトなレンズです。ボディが小ぶりなα37と組み合わせても、標準レンズと見紛うサイズ感ですね。

写真 2013-02-01 10.31

 

 

 

Categories
C/Y Contax Lens NEX Sonnar

Sonnar T* 3,5/100 – Old Objects

色乗りの濃さとSonnarらしい解像度の高さで密かな人気(?)のSonnar T* 3,5/100。この銘玉の特徴が良く出ている写真をいくつかご紹介します。APS-Cサイズセンサー搭載機と組み合わせると150mm相当の望遠レンズ、風景切り取りに絶大な威力を発揮。これでもう少し明るければ完璧なのですが・・・

DSC00462

CONTAX Sonnar T* 3,5/100 AEJ + SONY NEX-5

SONY DSC

CONTAX Sonnar T* 3,5/100 + SONY NEX-5

SONY DSC

CONTAX Sonnar T* 3,5/100 + SONY NEX-5

後の2枚は近所の小学校にて撮影。何気ない風景を切り取っただけなのですが、はっとさせられます。

Categories
C/Y Contax Lens NEX Sonnar

Sonnar T* 3,5/100 – のらねこ撮影

店主がおすすめする、昼間のお散歩用Contaxレンズは、

風景中心 − Distagon(画角はお好みで)

バランス重視 − Planar 1,4/50 か 1,7/50

野良猫撮影 − Sonnar 2,8/85 か 3,5/100

動物を撮るときは、ある程度距離を保って撮影できる85mm以上のレンズが良いようです。明るいレンズ/望遠率の高いレンズは重くなるので、昼間の撮影がメインならば、あえて暗めのレンズをセレクトするのも一考の価値あり。

さて、今回のご紹介は Sonnar 3,5/100 です。手持ちの個体は実測284g。APS-Cセンサーを持つNEXと組み合わせると、ほどほどの倍率、かつ機動性に優れた望遠レンズとなります。

以下機材は全て、NEX-5 + Contax Carl Zeiss Sonnar T* 3,5/100

SONY DSC

警戒してますね^^; 被写体(猫)までは3mくらいでしょうか。

SONY DSC

コッテリした色乗りが、このレンズの持ち味です。

SONY DSC

この猫は高い位置にいたので、それほど警戒していない様子。

SONY DSC

逆光だと、盛大にハレます(笑)。店主はこれも味のうちと割り切ってますが、オールドレンズの逆光性能でお悩みの方は、フードをつけてハレ切りすると著しく改善しますので、良かったらお試しを。